いきなりの誘いもレビトラで華麗に対応!速く効くED治療薬

得られる利益とリスク

素晴らしいED治療薬として賞賛をうけているレビトラだが、実際何がそれほどまでに他ED治療との違いがあるのでしょうか。

詳細を確認する

得られる利益とリスク

ED治療薬は、国内で承認されており安全に使用できる薬として認められています。勃起が行えない症状を改善してくれ、性行為の成功率を高め、パートナーも満足できる性行為が出来るようになる阻害薬があります。レビトラというED薬です。
レビトラとは、国内で2番目に承認が行われた薬であり、即効性がウリの薬になり、水と一緒に飲んでから効果が現れるまでの時間が早くて15分ほどと言われています。
効きが早いことは男性にとって嬉しいことであり、様々な状況で活躍の機会があり急にパートナーと夜を過ごすことになったり、一日だけの関係の時にも勃起が出来るようにしてくれるので非常に便利な治療薬になります。
1番目に承認されたバイアグラと同様で、勃起ができなくなってしまっている原因となる物質PDE5と呼ばれる酵素が勃起を出来ないように邪魔してしまっているので、酵素の働きを弱め、ペニスの血管が拡がるようにしてくれます。
血管が拡がってくれれば血液がペニスに集まりやすくなり、普段と変わらぬ硬さを得る事が出来るようしてくれます。
ED治療薬は勃起不全の改善という利益(効果)をもたらしてくれますが、当然それには副作用というリスクを伴います。
レビトラを服用した時に血液の循環が一気に変わることで血行が良くなるので血圧が急激に下がってしまうこともあり、血管拡張作用によって頭痛やめまい、または顔が火照ってしまうことがあります。
正しい服用方法で飲むんでいれば危険が伴う症状が起こることはまずありませんが、やはり医薬品ですのでないとは言い切れません。
この薬に限らずバイアグラにも同様のリスクがあり、服用を行う上でその点を理解しておかなければなりません。
最近ではジェネリック医薬品なども多く登場していますが、こういった点を踏まえジェネリックの場合であれば全てが自己責任になるので慎重に選び服用しなければなりません。
根本的な原因を見つけるのも治療の一環となるので、まずは医師に相談してからED治療薬(バイアグラやレビトラ)の服用を行うようにしましょう。

【オススメリンク】
 レビトラやジェネリックの通販サイト:お薬なび