レビトラは糖尿病の人にも効果があり、早漏改善の効果も期待できます。

EDになってしまう原因

EDで不仲になったカップル

パートナーとふたりきりで一緒に部屋にいるとき、その場の雰囲気でセックスの流れになることはきっとあると思います。

ふたりで体を寄り添い、キスをしてそのままベッドイン。

楽しいセックスがそこから始まるわけです。

しかし、楽しくなるはずのセックスが悲劇になることもあるでしょう。

なぜかというと、最近の日本人男性にはあるひとつの症状が見られるようになったからです。

その症状というのは、ずばり「ED」です。

EDという言葉を男性なら聞いたことがある人は多いと思います。

このEDはわかりやすくいうと「勃起不全」のことを指し、性的に興奮しても勃起しない状態のことをいいます。

ちなみに「勃起障害」ともいうみたいです。

EDは具体的にいうと、まったく勃起しないパターンだけではなく、勃起して短時間で萎えてしまう場合にも当てはまります。

もし過去にこのような症状が起こったことがあるという人は、高確率でEDに陥ってしまっているといっても過言ではありません。

今までに満足いくセックスができなかったという場合や、そもそもセックスに移れなかったという人は、すぐEDの症状を疑い治療するべきだと断言します。

ではそもそもEDになってしまう主な原因とは何なのか?

身体的な問題が原因で発症するED

不健康な食生活の男

実はEDになってしまう原因にはいくつもその種類があります。

たとえば大きく分けると年齢を重ねたり、生活習慣によってEDは起こります。

まず加齢によるEDについてです。人間というのは生きている以上どうしても歳をとってしまいますよね。

歳をとると血管や神経といった場所に障害が起こるため、EDが起こりやすくなるといわれています。

つまり動脈硬化や血管障害がEDの原因になってしまうわけです。

動脈硬化というのは簡単にいうと動脈が硬くなることを指し、血液の流れを悪くさせてしまいます。

そして血管の内側がもろくなってしまい、そこに粥腫(じゅくしゅ)ができて血管内部が狭くなります。

そうなれば血液だけではなく、本来送るべき酸素や栄養も行き渡らないようになるので、全身にあるいろんな臓器などに血液が流れず、局部的に組織が死んでしまうわけです。

また、生活習慣においてもEDにつながってしまうことがあります。普段あなたは健康を意識して生活しているといえますか?

生活習慣病とは糖尿病や高血圧などの生活習慣によって発症する病のことを言いますが、

活習慣病というのはいずれにしても自覚症状がなく、多くの人は気づかずにそのまま放置してしまいがちです。

そのため、気づかないうちに脳や心臓などにダメージを与え続け、ある日突然重たい病気になってしまう可能性があるわけです。

これには気をつけなければいけません。

たとえば日本人の場合は全国で140万人近くの糖尿病患者がいるといわれています。

糖尿病を患っている人の場合は、なんとそうでない人と比べて2倍以上もの確率でEDになりやすいといわれています。

なぜ糖尿病がEDに大きく関わってくるのかというと、勃起を起こさせる際に重要になる神経系と血管系に障害を与えてしまうからです。

障害を与えるということはすなわち正常に性的刺激による信号が行きわたらないため、血液の流れが悪化してしまいます。

それはすなわちEDの症状を引き起こしてしまうということです。

だから糖尿病になると、誰でもEDになりやすくなってしまいます。

また高血圧を患っている患者さんもEDとの合併率が非常に高く、しかもそこから重症な状態にまで陥りやすいという特徴があります。

高血圧な人がEDになる理由は、陰茎海綿体の動脈に障害を与えるからです。

つまり勃起に必要な血量を送れないので、EDの症状が発生してしまうということになります。

ストレスなどが原因で起こるED

ストレスを溜めている男

EDの主な原因として知られているのは、身体的な問題だけではありません。

ずばり今回はEDの原因において欠かせない精神的な原因によるものを紹介していきましょう。

まず人間だったらどんな人もストレスを感じたことがあると思います。

ストレスは家庭環境だったり仕事環境において、特に感じやすいものだといえるでしょう。

そんなストレスが実はEDに深く関わってきてしまうのです。

人間関係がどうしてもうまくいかないとか、金銭的に毎日苦しいなど、常に精神衛生的に悪い状態になっている場合は、高確率でEDになるといっても過言ではありません。

ただ人間である以上、ストレスをまったく感じないことはないと思います。

だからすでにEDになっている人の多くは、ストレスをまずは疑ってみるべきです。

ちなみにもうひとつストレスだけではなく、「深層心因」というものがあります。

このパターンは過去にトラウマになるようなできごとを経験している人が起こすEDとなります。

たとえば過去に性的なトラウマがある場合や、強烈なコンプレックスをすでに持っている場合などに起こります。

もし心当たりがあるなら、深層心因によるEDをすでに患っているかもしれません。

EDの原因はいろいろある

彼女が原因でEDに

これまでEDの原因には主に身体的な問題によるEDと、ストレスが原因によるEDについて紹介してきました。

身体的な問題によるEDは病気や加齢によって起こるEDで、ストレスが原因によるEDは精神的ストレスなどによるEDということでしたが、実はこれら以外にもEDを起こす原因が存在します。

たとえば最近では「妻だけED」や「彼女だけED」というパターンが有名になっています。

これは自分のパートナーである彼女あるいは妻に対してのみ、性的な欲求が沸かないことをいいます。

他の女性に対してはセックスしたいという欲求が出て勃起しますが、妻だけEDや彼女だけEDの人は自分のパートナーに対しては一切興奮しませんし勃起も当然起こりません。

つまりパートナーに性的な魅力をすでに感じなくなってしまっている人によく起こるEDの形です。

また他にも「排卵日ED」と呼ばれるパターンも流行っています。

これはパートナーが排卵日になった途端に起こるEDで、なぜ起こるのかというと主にプレッシャーによるものだといわれています。

パートナーがいる場合は「排卵日になったらセックスをしなければいけない。」となってしまうので、そのプレッシャーが精神的ストレスを与えてそのままEDになってしまいます。

そして最後に「コンドームED」も紹介しておきましょう。

これはコンドームを装着しようとすると急に萎えてしまうパターンになります。

ポイントはコンドームを装着した後ではなく、する瞬間です。

これには厳密にいうと色々な理由がありますが、たとえばコンドームの種類によっては相性が悪かったり、あとコンドームの装着に慣れてない人もこれで萎えてしまう可能性があります。

またコンドームをつけて過去に失敗した経験がある場合にも、コンドームEDは起こるといわれています。

EDには治療薬!

ED治療薬とは

ED治療薬3種類

もしもEDに困ってしまったら…そんなときに使えるのが「ED治療薬」になります。

ED治療薬はすでにたくさんの種類が世界中に出回っています。

その中でも特に有名なのがバイアグラやレビトラそしてシアリスです。

ED治療薬は現在80%以上もの有効性があるといわれており、多くの人のEDを治すことができる薬です。

ちなみに重症な状態の人もED治療薬によって解決できているので、あなたもきっとED治療薬を使うことで、EDの悩みを解決させることができるでしょう。

ちなみにED治療薬という薬は、主に血流をよくして陰茎海綿体に血液が溜まりやすくするための薬となっています。

よくED治療薬を飲むことで絶対に勃起すると思い込んでいる人がいますが、厳密にいうと勃起しやすい状態なるというだけです。

そのため、性的刺激は必ず必要になってきます。

またED治療薬は身体的な依存性がないといわれているので、誰でも安心して飲み始めることができるでしょう。

なお血流がよくなることで心臓に負担を与えてしまうのではないかと考えている人がいると思いますが、心臓に持病を持っている人などでなければ特に気にするほどではありません。

どうしても心配な人は、ぜひ医師と相談してから使用するようにしましょう。

レビトラは糖尿病の方にも効果がある

レビトラ

いくつかある種類の中でも、レビトラと呼ばれるED治療薬については特に糖尿病におけるEDに対して強烈な効果を発揮してくれるようにできています。

厳密にいうとレビトラの20mgがとても強力です。

レビトラには血流を改善させる効果があるので、糖尿病の人は積極的にレビトラの購入を検討してみてください。

ちなみにレビトラが糖尿病に効くといわれている理由は、過去におこなわれた臨床比較試験の結果から基づいています。

国内において糖尿病患者に対し、レビトラを10mgと20mg、そしてプラセボを比較してもらいました。

そのときに20mgのレビトラがもっとも有効性と安全性においてよかったことが確認されたため、今ではレビトラの20mgが糖尿病によるEDによく利用されています。

レビトラを購入したい方におすすめ
 レビトラやジェネリックの通販サイト:お薬なび

レビトラの効果について

レビトラの各種類

では根本的にレビトラと呼ばれるED治療薬はどんな効果を持っているのか?

もちろんED治療薬なので、EDを治すための効果を持っていることは当然です。

ただここで気になるのは、レビトラならではの特徴だと思います。

レビトラというED治療薬は世界で2番目に認可されたといわれているED治療薬で、有名なバイアグラのあとに登場したものとなっています。

レビトラは食事の影響を受けにくく作られているので、バイアグラよりも飲みやすいと感じる人は間違いなく多いでしょう。

ただしマヨネーズやウインナーなど、高脂肪食と呼ばれるものに対してはレビトラに対し悪い影響を与えやすくなっており、さらにアルコールの大量摂取も同様なので、影響をあまり受けないといっても気をつけて飲む必要があります。

ちなみにレビトラはアスピリンで有名なドイツのバイエル製薬と呼ばれる製薬会社が開発をしており、オレンジ色の丸い形をした特徴を持っています。

またレビトラの語源に関してはLEとVITRAという言葉を合わせた造語となっていて、男性の生命という意味が込められています。

LEはフランス語で男性を指し、VITRAはラテン語で命を指す言葉となっています。

持続時間や即効性

レビトラの効果を説明する医者

ではレビトラを実際に使ったときにかかる持続時間や、即効性についての話をしていきましょう。

レビトラというED治療薬には「バルデナフィル」と呼ばれる成分が主に含まれており、エタノールや水に溶けやすい特徴を持っています。

溶けやすいということは、すなわち飲んでからすぐに効きやすい薬であることがいえるでしょう。

他のED治療薬と比べて圧倒的にバルデナフィルは水に溶けやすい性質を持つので、即効性を期待して飲んでいきたいならレビトラ一択だと思います。

レビトラは飲んでから実際に効果を実感できるまでに、最短で15分程度あればOKです。

もちろんそこには個人差がありますが、最短15分から40分程度の時間があれば多くの人はレビトラによって勃起効果を感じることができるでしょう。

効き目が早いということはその分セックスをおこなうタイミングにも対応しやすくなるので、あなたにもレビトラの使用感に満足してもらえると思います。

そしてレビトラの効果に関する持続時間についてですが、10mgを飲む場合は最低でも4時間~5時間程度になります。

20mgの場合はもちろんその倍まで持続するようになっているので、最長で10時間程度の持続時間を期待することができるでしょう。

そこまでセックスの回数を短時間で重ねることがない人は、十分レビトラでいいと思います。

男性の悩み”早漏”にも効果アリ!?

EDと並ぶ男性の悩み:早漏

早漏への効果を説明する医者

よくEDで悩む人はいますが、それと同じくらい悩むことの多い症状といえばずばり「早漏」だと思います。

早漏というのは簡単にいうと射精するまでとにかく早い人のことを指しますが、射精が早いということはもちろんパートナーが満足してないにも関わらず先に満足してしまうことになります。

なお実際に早漏になってしまっている人は18歳から65歳までの男性において、なんと30%を占めているといわれています。 このように日本人の中にはかなり早漏の人が多く、まさに他人事ではありません。

このように日本人の場合はかなり早漏の人が多く、まさに他人事ではありません。

早漏のままでずっと放置していると、パートナーを満足させるようなセックスはできないでしょう。

早漏は、男性の価値を下げてしまう要因になってしまう可能性があります。

ではそもそもなぜ男性は早漏になってしまうのか?

実はEDと同じく、こちらも精神的な原因と身体的な原因があります。

精神的な原因としては、セックスに不慣れなために冷静さを保てずに興奮してしまうことがあげられます。

その結果、刺激に弱くなってしまい、射精を我慢できない状態になってしまうのです。

そして身体的な原因は具体的にいうと「過敏性早漏」と「衰弱性早漏」に分けられます。

過敏性早漏はペニスに対する刺激に慣れていないために、射精感を我慢できず不本意な状態で射精してしまうことを指します。

一方で衰弱性早漏は、加齢などによって射精をコントロールするための筋力が弱ってしまい、射精してしまうというタイプです。

このように早漏にもタイプがあります。

精神的な要因は慣れていくことで改善できますし、身体的な要因にしてもトレーニングをすることである程度はコントロールできるようになるので、諦めずに克服しましょう。

早漏の対策

半勃起状態ではイキやすい

もしも早漏になってしまったら、どうやって早漏を治せばいいのか?

当然そのまま一生治らないなんてことはありません。

早漏に対してどう対策していけばいいのかという話をしていきましょう。

まず勃起から射精までには3つの段階があるといわれています。

最初は半勃起状態から始まり、射精してない勃起状態から射精直前の勃起状態へ移り、そこから最後は射精するといった感じです。

それぞれの射精してない状態において、もっとも射精しやすいといわれているのが「半勃起状態」と「射精直前の勃起状態」になります。

半勃起状態といったら完全に勃起するまでの出だしになるわけですが、なぜこの状態が射精しやすいのか?

その理由は、ペニスは柔らかい状態だと刺激を強く受けやすい状態だからです。

つまり半勃起状態で激しく刺激を与えれば、すぐにイッてしまいます。

ということは早漏を対策するためにも、完全に勃起させることが大事になるわけです。

ではここからは早漏をなんとかするために、ぜひやってもらいたいことを話していきます。

まずはオナニーをするときに、勃起から射精までにかかる時間を記録してください。

このときにイキそうになったら手を止めて、射精するのを我慢しましょう。

我慢したあとは再度手を動かしていきます。

これを何度も繰り返していくわけです。

もしその間に射精してしまったら、そこで終了です。

自分が何分以上我慢できたのか?この記録を伸ばしていけば、おのずと早漏も改善されていくでしょう。

そして実際にパートナーとセックスする機会がある場合、もしイキそうになったら刺激を与えるのをやめてください。

その間は主にパートナーとキスをしているだけでOKです。

これで特に怪しまれたりすることなく、早漏の改善をしながら上手にセックスすることができるでしょう。

普段のオナニーやセックスで常に以上を意識していれば、大幅に早漏は改善されていくはずです。

レビトラは早漏の改善に効果がある場合も

早漏改善を喜ぶ男

ED治療薬であるレビトラは主に勃起不全を治すものですが、レビトラにおいてはなんと早漏改善効果が期待できるようになっています。

実はレビトラの説明書には早漏改善のことは一切書かれていませんが、すでにレビトラを使用している人の多くは、早漏も改善されたといっています。

もちろん早漏改善についても個人差はありますが、EDでかつ早漏に悩んでいる人はレビトラを試しに使ってみてもいいでしょう。

ちなみになぜ早漏の改善が見込めるのか?

レビトラに含まれるバルデナフィルにより勃起力がアップするわけですが、これによって刺激に対し鈍感になるといわれています。

そのため、レビトラ服用時には早漏も改善されるわけです。

トレーニングをしている時間がない!という人はレビトラで早漏も解決できるかもしれません。

病院でも通販でも買える!

病院で処方してもらう方法

病院での薬の処方

自分は完全にEDだから、とにかくED治療薬が欲しい!

そう思った人は、まず病院へ行ってED治療薬を手に入れるようにしましょう。

ED治療薬と呼ばれる薬は、一般的なドラッグストアなどには置いていません。

だから普通に手に入れようと思ったら、病院へ行くことになります。

ただED治療薬を処方してもらったことがない人は、どうすればいいのかわからないと思います。

病院の何科を利用したらいいのか?そしていい病院を選ぶためにはどうすればいいのか?その疑問に答えていきましょう。

まずEDの診療についてはEDを専門としたクリニックで受診することが可能です。

そしてそれだけではなく、男性器疾患を取り扱う泌尿器科でもOKですし、内科であってもまったく問題ありません。

基本的に診療科を問わずED治療薬は処方してもらえるので、あまり考えず病院へ行くといいでしょう。

そして便利に安心して使える病院を選ぶことも大事です。

そのためには、まずとにかく受け付けがスムーズにおこなえるところを選ぶようにしましょう。

受け付けが女性だと恥ずかしいという人は男性しかいない病院を利用したり、あとは人と喋ることなく受付ができるタイプの病院を使うのもおすすめです。

これなら恥ずかしい気持ちにはならないはずなので、ぜひ利用してみてください。

あとは事前にメールを使って症状を相談できる病院もおすすめです。

これなら病院へ行く前に相談できますので、足を運ぶ必要なく気軽に利用してもらえると思います。

通販サイトで購入する方法

通販サイトで探す男

ED治療薬を病院で処方してもらうのが一般的な入手方法になりますが、人によってはあまり時間がなく、すぐに病院を利用することができなかったりするでしょう。

そういうときには、なんと通販サイトでED治療薬を手に入れることができます。

そのためインターネットができる環境がある人は、パソコンでもタブレットでもED治療薬を買って使うことが可能です。

これなら自宅やオフィスにいるときでもサクッとED治療薬を購入できますし、移動中にスマートフォンからそのまま画面上の必要事項を入力して、すぐED治療薬を購入できます。

病院に行く場合はとにかく時間を使いますし、移動をしなければいけないというめんどくささがどうしても出てきてしまいますよね。

しかも自分の家からいい病院が近くにない場合は、余計に病院へ行くことが難しくなると思います。

だからこそ、今では便利な通販サイトで実際にED治療薬を手に入れる人がかなり増えてきました。

病院を使うのが難しいという人は、ぜひ通販サイトを検討してみてください。

ジェネリック医薬品は魅力がたくさん!

レビトラにはジェネリック医薬品もある?

レビスマ

大人気のED治療薬であるレビトラには、現在「ジェネリック医薬品」と呼ばれるものがあります。

ではどんなジェネリック医薬品があるのか簡単に紹介していきましょう。

まず有名なのが「レビスマ」と呼ばれるものです。

こちらはレビトラ同様にバルデナフィルが使われているジェネリック医薬品になります。

実際に飲んでみると早くて15分くらいで効果が出るので、レビトラとまったく同じような感じで使用することができます。

ちなみにレビトラと異なるのは、販売されているのが20mgのみとなっているところ。

そのため20mgでは多いという場合、ピルカッターでカットして使うようにしてください。

そして次に有名なのが「ザビトラ」です。

こちらもレビトラと同じくバルデナフィルが配合されているED治療薬なので、レビトラと完全に同じ効果を期待することができるでしょう。

ザビトラは他のジェネリック医薬品やレビトラと比べて、圧倒的な安さを誇っています。

つまり、コストパフォーマンスを重視して考えたい人にはもっともザビトラが最適だといえるでしょう。

ちなみにザビトラは10mgと20mgの両方が売られています。

今回紹介したもの以外にも、たくさんのジェネリック医薬品が出ていますので、興味ある人はさらに自分でもチェックしてみるといいでしょう。

ジェネリック医薬品とは?

ザビトラ

ジェネリック医薬品という言葉が出てきましたが、そもそもジェネリック医薬品とは何なのか?

そんな疑問がある人も中にはいるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は言い換えると「後発医薬品」になります。

一般的に医療機関から処方される薬には先発医薬品と後発医薬品が存在します。

先発医薬品は新薬と呼ばれるもので、そこからできたのが後発医薬品であるジェネリック医薬品ということです。

つまり新規に開発された薬ではなく、先発医薬品を参考にして作られたものとなっています。

そのため、実際にジェネリック医薬品は先発医薬品で使われている成分やその配合量などがそっくりそのまま作られていることが多いです。

だからジェネリック医薬品は、先発医薬品とほぼまったく同じ効果を期待することができます。

ただここで気になってくるのが「権利的に大丈夫なのか?」という点だと思います。

実は新薬には特許期間と呼ばれるものがあり、その期間が切れたあとは他の薬品メーカーがその薬と同じ成分を使って、違う名前で薬を製造できるようになります。

つまりジェネリック医薬品は何も違法性があるわけではありません。

ただし、薬を包んでいるコーティング剤については違う成分で作られている可能性があるので、そこは先発医薬品とは異なる部分になります。

あとは形状や大きさなども、先発医薬品とは異なってくるでしょう。

ちなみにジェネリック医薬品のジェネリックという言葉は、英語のジェネリックネーム(一般名)に由来する言葉となっています。

海外ではそれぞれの薬に使われている主成分を指すジェネリックネームで人々に処方しており、日本でもそこからジェネリックと呼ぶようになりました。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリックのメリットを医者が解説

有名な名前が多い先発医薬品よりも、後発であるジェネリック医薬品をあえて選ぶメリットは何かあるのか?

という疑問がある人は多いでしょう。

まず基本的な話として、医者から処方される薬というのはたとえ新薬であろうとジェネリック医薬品であろうと、公定価格で決まっています。

しかしジェネリック医薬品の場合は国に承認されるときにつけられる新薬の価格から70%に設定されるのです。

その価格自体は2年間に1度見直されるといわれていて、ジェネリック医薬品の価格は新薬よりもはるかに安くなってきています。

価格の見直しは回数を重ねるごとに安くなる傾向にあるので、ED治療薬にかぎらず多くの医薬品はどんどんジェネリック医薬品が安く手に入るようになっています。

長期的に薬を使いたい場合は、まずジェネリック医薬品を探す方がいいでしょう。

そしてもう1点、ジェネリック医薬品ならではのメリットがあります。

それはずばり「薬の形状にいろんな種類がある」ということ。

たとえばレビトラは錠剤タイプとなっていますが、レビトラのジェネリック医薬品はいろんな形状のタイプがすでに出てきています。

たとえばバリフオーラルゼリーというレビトラのジェネリック医薬品は、その名称通り、ゼリー状の薬です。

もともとバリフというレビトラのジェネリック医薬品があり、こちらは錠剤タイプでした。それをゼリー状の飲み薬にして、水がなくても飲めるようにしたところ、これが大人気になりました。

レビトラに興味あるけど錠剤が苦手だ、という人はぜひジェネリック医薬品を検討してみましょう。

安心して利用できる

ジェネリックの品質の説明をする医者

ジェネリック医薬品の場合はどれも値段がダントツで安いので、安全に使えるかどうか心配している人もいると思います。

また先発医薬品である新薬と比べても名前がそこまで有名ではありませんので、不安かもしれませんね。

でも安心してください。

ジェネリック医薬品はまったく問題なく使うことが可能です。

理由は新薬と同じ成分が使われているからという点もありますが、それ以上に国が安全に使えるものだと認めなければ製造できないようになっています。

つまり世の中に出ているジェネリック医薬品は、どれも国が定める基準をクリアしているものしかありません。

だから品質自体は何も問題なく、どんなジェネリック医薬品も気軽に手に取ってもらえるでしょう。

自分が気になるジェネリック医薬品をぜひ見つけて使ってみてください。

通販サイトにはレビトラのジェネリックが豊富にある

PCで通販サイトを見る

ジェネリック医薬品を色々調べてみると、ひとつの新薬から多くのジェネリック医薬品が出ていることがわかると思います。

それぞれ新薬とまったく同じ効果を得られて、かつ飲みやすいように改良もされているので、まずは自分の目でどんなものが実際にあるのか一度確かめてみてください。

ジェネリック医薬品にはこのような魅力があります。そのため、最近ではジェネリック医薬品を処方してもらう方、通販で購入している方が増えています。

ではそんなジェネリック医薬品はどこで手に入れることができるのか?

実は新薬と同様、ジェネリック医薬品も通販サイトで手に入れられるようになっています。

通販サイトには新薬もジェネリック医薬品も両方取り揃えられているので、どちらを買いたいと思っても便利に利用することができるでしょう。

さらに通販サイトも色々ありますので、自分で使いやすいと思う通販サイトでジェネリック医薬品を手に入れてみてください。

ちなみに通販サイトといっても、普通の通販サイトではなく専用の通販サイトから購入できるようになっているので、その詳細については別の記事で説明していきたいと思います。

おすすめの記事

スマホで通販サイトから購入する

通販で安く買おう!

レビトラは通販で簡単に安く購入する方法と、悪質な個人輸入代行業者を見分けるポイントを解説します。

バリフゼリー

ジェネリックもオススメ

バリフゼリーは水なしで服用できるレビトラのジェネリックです。即効性を得るための飲み方や価格など解説します。

バイアグラ

他のED治療薬と比較してみよう

ED治療薬のレビトラ、バイアグラ、シアリスの価格、持続時間、即効性などを比較します。

EDかどうかを確かめることを勧める医師

EDを根治するためには

EDの判断基準、セルフチェックの方法と、自然に回復する可能性について解説します。