いきなりの誘いもレビトラで華麗に対応!速く効くED治療薬

得られる利益とリスク

素晴らしいED治療薬として賞賛をうけているレビトラだが、実際何がそれほどまでに他ED治療との違いがあるのでしょうか。

詳細を確認する

即効効果のレビトラ

レビトラとは、ドイツの製薬会社バイエルから販売されているED治療薬です。
バイエルはアスピリンなどの開発などをしており、日本でも大変有名な製薬会社です。
有効成分は塩酸バルデナフィルで、水、またはエタノールなどに溶けやすい性質を持っております。
ED治療薬と言えば、パイオニア的な存在のバイアグラが一番有名です。
実際、世界で一番最初に開発されたのはバイアグラでその次がレビトラです。
二番目に開発されたことで、バイアグラの欠点などを大きくカバーすることが出来ました。
その一つが、効果の時間です。
持続時間が4時間から5時間だったのに対して、5時間から10時間と倍近くも長くなりました。
そして最高血中濃度も早くなり、即効性がかなり期待できます。
服用してから、しばらくしないと実感できなかったのが、個人差もありますが、早い人で5分ほどで作用があります。
平均すると15分ほどで勃起が期待できます。
しかし即効性があるからと言って、服用しただけでは勃起できません。
必ずしも、性的な何か刺激や、興奮など性的な行為をしないと勃起しません。
あくまでも、勃起を促進する作用ですので注意が必要です。
しかし逆に考えると、服用しただけで勃起してしまうと外出時や、日常に支障をきたしてしまうので安心して服用ができます。
他のED治療薬も同じで、ペニスにある海綿体へ血液の流れをしやすくする作用があります。
血行の流れが悪いと、海綿体へ血液が流れにくくなってしまうので勃起できなくなってしまうのです。
レビトラは他にも優れている点があり、それは食事の影響を受けにくい点です。
バイアグラは、食事をした後に服用すると、作用が全くと言っていいほど生じません。
特に揚げ物やラーメンなど脂分が多いものは2時間たっていても効果が期待できないのです。
その点有効成分塩酸バルデナフィルは食事の影響を受けにくいので、タイミングを考えずに服用ができます。
しかし、いくら影響を受けにくいと言っても、全くないわけではありません。
なるべく空腹時に服用することがベストな使用方法になります。
どうしても食事をとらなくてはいけない時は、なるべくカロリーの少ないものにしましょう。
豆腐や野菜などがお勧めとされています。
使用する際は必ず、服用方法を守ることで薬は発揮できるので、使用方法や服用量などを守りましょう。