いきなりの誘いもレビトラで華麗に対応!速く効くED治療薬

得られる利益とリスク

素晴らしいED治療薬として賞賛をうけているレビトラだが、実際何がそれほどまでに他ED治療との違いがあるのでしょうか。

詳細を確認する

勃起不全と言う病気

勃起不全とは、男性が勃起するために必要とされている4つの機能がどれか1でも欠けることで発症する病気と言われ、陰茎のみに症状がおこることから男性特有の病気となります。
勃起に必要とされている機能が男性が一番最初に興奮や刺激を受ける脳であり、次にこの得た刺激や興奮を陰茎に信号として送るために必要な神経、そして陰茎内に大量の血液を集めるための血管、そしてその血液を貯めておく役割を果たす海綿体、この4つの正常機能が絶対条件であり症状が現れてしまっている男性はこのどれかに異常が見られることがほとんです。
原因として考えられているのが大きく分けると2つ、厳密に言えば4つあると言われ、まず心因性と器質性と呼ばれる心の問題や病気など別の疾患による影響にわけることができ、この2つが同時にきっかけとなることを混合性、そして他の病気の治療のために服用している薬の副作用などの影響によっておこる薬剤性となります。
心因性は特に20代~30代にかけて多いといわれ、日頃のストレスや日常的に感じる不安や幼少期のトラウマや陰茎に対してのコンプレックスが引き金になっており勃起に障害が現れてしまうと考えられています。
また器質性は中高年を中心とし神経系の病気や糖尿病や動脈硬化など血管に使用をきたしてします生活習慣病の影響などが考えられており、中高年であれば肉体的衰えも考えられ上手く刺激や興奮を陰茎に伝えることができなくなることも原因と考えられています。
薬剤性は例を挙げると男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の治療に用いられるプロペシアなどの副作用の中にリビドーの減退やEDがあり、服用している場合にはEDとなってしまうことがあり、服用を中止することで改善されることがほとんどです。
勃起不全は勃起に硬さがないことだけが症状ではなく、一時的に硬さを得れても持続できなず行為中に勃起が解消されてしまうことも含み、自分の陰茎の硬さや持続力が気になる男性はクリニックなどの専門機関に受診してみてください。