いきなりの誘いもレビトラで華麗に対応!速く効くED治療薬

得られる利益とリスク

素晴らしいED治療薬として賞賛をうけているレビトラだが、実際何がそれほどまでに他ED治療との違いがあるのでしょうか。

詳細を確認する

レビトラジェネリック

治療薬すべてに当てはまることですが、先発薬は服用開始するにあたって保険が適用できる治療と出来ない治療があり、健康保険が適応の場合には3割程度の負担でよく、自由診療になってしまうと保険の適応をすることができないため全額治療費が自己負担になってしまい高額な医療費負担を必要とする治療もあるため継続して治療することが困難になってしまうケースもあります。
自由診療である男性特有の病気である勃起不全は保険が適応できない治療となるため勃起力を高めてくれる薬であるED治療薬は1錠あたりの薬価が非常に高く、毎回の性行為で使用することを困難にしてしまいます。
中でも素早い効き目が特徴のレビトラは20mgで1錠2000円前後かかり、せっかく治療をはじめても薬価の高さから断念してしまう男性も少なくなく目の前にある幸せを諦めなくてはならないことになってしまいます。
そこでそういった男性のためにあるのが後発薬であるジェネリック医薬品であり、レビトラにもレビトラジェネリックがあり各製薬会社から製造および販売が行われています。
レビトラジェネリックとは、先発薬と同じ成分であるバルデナフィルを使用して製造されているものでバリフやジェビトラ、他にも即効性をより高めることができるジェビトラゼリーなどがあり、気になる薬価を先発薬の1/3程度に抑えることができ、毎回の使用でも負担を減らすことができます。
成分バルデナフィルの特徴である即効性はこの成分が溶けやすい性質があるため投与してから体内での溶け始めまでの時間が非常に早く、投与後15分から20分程度で陰茎に効果をもたらしてくれます。
作用や副作用も同様であり、作用は勃起を抑制している酵素の働きを阻害し血液を陰茎に運びやすくしてくれる効果があり副作用にはED治療薬特有の目の充血や顔が赤く火照るや頭痛、鼻づまりなどがおこります。
また先発薬ではできない後発薬だからこそできることもあり、ジェビトラゼリーはバリフやジェビトラよりも即効性を高めるために錠剤よりも溶け出しやすくするためにゼリー状の剤形となり、食事感覚で服用することができ溶け出しも早く素早い効き目を実感することができます。